【コラム】日常生活にFXを 相場に振り回されるデメリット1

FXが24時間いつでもトレードできることを良いことに、暇さえあればトレード画面に張り付いている人がいます。

他に仕事がなくて暇なのであればそれでも良いかも知れませんが、ほとんどの人はそうはいきません。

本業の仕事がおろそかになってしまっては、FXどころではなくなってしまいます。FXの相場がよく動くのはロンドン時間やニューヨーク時間なので、普通にデイタイムが仕事という人にとっては夕方以降はトレードし放題です。

だからいつでも相場に張り付いていて良いということではなく、相場に張り付くのはトレードをする価値のある時間帯だけで十分です。

ずっとトレード画面を開いているからと言って特別なチャンスに巡り合えるわけではありません。

相場に意外な動きが出るときというのは、トレード画面に張り付いていなくてもその兆候を察知することができます。

その意味でも相場に振り回されている時点で「負ける機会」を増やしているだけなので、大きなデメリットのひとつと言って良いでしょう。