【コラム】日常生活にFXを 相場に振り回されるデメリット3

歩きスマホが問題になっています。最大の原因は「ポケモンGO」などスマホゲームを歩きながら遊んでしまうことですが、FXトレーダーも決して他人事ではありません。

筆者は電車を待っているホームや電車の中でスマホを凝視している人の中で、チャート画面を見ている人を何回も見かけたことがあります。

あれがFXなのか株なのかは分かりませんが、いずれにしても相場が気になって仕方ないという心理の表れなのは同じです。

ポジションを持っている人は、そのポジションの損益がどうなっているのかは気になって仕方ないところです。

その中でも含み損が出ている人はロスカットされていないかどうかを気になって見てしまうものですが、見たからといって相場が反転するわけではなく、むしろ気にしすぎることによって同じ含み損が大きく見えてしまうこともあるのではないでしょうか。

これも、相場に振り回されるデメリットの最たるものです。

相場が気になるというのは決してプラスに働くものではなく、むしろ指値でIFDの注文を出しておいて後は利確か損切りかでトレードが終わるまで放置というのが、実は最も好成績になるという人もいます。