【コラム】日常生活にFXを 相場に振り回されるデメリット7


暇さえあれば値動きやチャート画面を見ていないと気が済まないというFXトレーダーは多いですが、これを無理にやめるというのはいささか強引かも知れません。

気になるものは仕方ないですよね。


そんな方に提案したいのが、「チャートは見ても売買しない」という日や時間を作ることです。

値動きを見ていると落ち着くのであれば、見ても構いません。

ただし、トレードはしないという日を作るのです。この視点はなかなか新鮮で、「何とかしてトレードチャンスをつかんでやろう」と思いながら値動きを見るのと違って、とても冷静な視点で相場を見ることができるようになります。

その冷静な視点で見ていると、突発的な値動きや思っているのとは違う方向に相場が動いている時が実に多いことが分かると思います。

もし、その相場展開の時にポジションを持っていたら損失を出していたことになります。それを回避できたということは、虎の子の投資金を守れたということになるので、相場を眺めているだけで勝ったような気分にもなれます。

負けが続いているという方は、そんな日を多く作ってみて「手を出していたら危なかった」という感覚を次のトレードにいかしてください。