日常生活にFXを ポンド円との付き合い方1

FXトレードをしている方、外為相場を日常的に見ている人であればポンド円がどれだけ暴れ馬であるかはよくご存じだと思います。

2016年にあったBREXIT、イギリスのEU離脱が国民投票で決まった時はその本性をむき出しにして大暴れを演じましたが、そうでなくてもポンド円は日常的に急な動きをしやすい通貨ペアとして知られています。

これはポンド円だけに限ったことではなく、米ドルとのペアであるポンドドルについても同じです。

つまりイギリスポンドが乱高下しやすいということです。

かつての世界基軸通貨であることから知名度が高く、それでいて経済規模を見てもそこまでの流動性はないので、ちょっとした仕掛け的な動きがあると世界中のギャンブルトレーダーがそれに乗っかるので大きな動きになります。

個人のトレーダーにとって、こうした動きをするポンド円はとても魅力的です。生活の中にFXを組み入れるにあたって、短い時間でトレードを完結させられる割には大きな利益を取れる可能性があるので、筆者自身も超短期トレードに限定するのであればポンド円をおすすめしています。

ただし、やはり動きの激しい通貨ペアなので、ポンド円のポジションを持って良いのはせいぜい数時間までです。

それ以上持っていてもロクなことがないのは経験上思うので、損失が少ないうちに手じまいをしてしまってください。